あそむびを最初に見た感動

あそむびで少々感動したのって
ひょっとして私だけかもしれないけど、
だって・・・


まず、こうしたあそむびのようなドラマや映像を見るために、
ログインIDを取得したり、パスワードを入力するっていうことが
近未来的に感じたんだよね。(言葉が古いな・・・ごめんね)


あそむびの一部第一話で、オムニバス方式のCMをみていないと、
クロスワードパズルのキーワードがわからないっていう
おもしろさ。これはあそむびの最高に子供をひきつける部分
じゃないかと思うね。


あそむび一部では、このクロスワードパズルを解明すると、
エピローグが見れるっていう設定だったけど、二部なんて
サイト内に隠れているヒントを探してクロスワードパズルを
解くんだよ! もう完全にバーチャルになっちゃってるでしょ。


あそむび二部ではこれをとけば秘密のあそむびが見れる。
( ̄□ ̄;)!! す、すごすぎるぞ。
単純なんだけど、これインターネット上だよ。
ゲームセンターの催し物じゃないんだから。。。


で、あそむび三部でクロスワードパズルを解く。
やっとエンディングの動画をもらえる・・・・
まるで、あそむびは、インターネットの中に入って
マトリックスのようにバーチャルな世界で遊んでいるような
感じがするよ。


これから先、こういったあそむびのような展開をする
映像・ドラマなんかの番組が増えていくんだろうね。
見たいな第二のあそむび。

あそむびの提案したこと

あそむびを見ていて思った。
テレビの番組の参加型っていうのは、
電話とか視聴者宅にいるとか、携帯からとか
それくらいしかなかったでしょ。


でもこのあそむびは、インターネットを通しているから、
意志の疎通ができる、っていうところが最大の魅力。
あそむびのコンセプトは
「双方向コミュニケーション」
インターネットの世界ではこれから、
こうした映像を通してのコミュニケーションが
さらに主流になっていくのでは??


あそむびをはじめてみて、
クロスワードパズルを解かなくちゃ
画像が見れない!! なんて聞いたとき、


( ̄0 ̄)/ オォー!! すっげー☆!!


なんて喜んでいたけど、あそむびが成功したように
こうした双方向コミュニケーションの楽しさが
更に技術が高度になっていけば、
たくさんの可能性を産むのだろうなって。
なんか、ちょっと前まであそむびどころか
携帯なんて夢の夢・・なんていってたよねぇ・・・


でも今じゃなきゃ落ち着かない。
あそむびもこれからの参加型のドラマのさきがけに
なったのじゃないかな?
あそむび側、映像側から問いかけられて、それに答え、
正解すればご褒美がもらえる・・こんなこと
ちょっとまえじゃ、想像できなかったもんねぇ。


あそむびは超楽しかったけど、それ以上に
これから先の世界を提案したすっごい番組だったのかもしれん。。。

あそむびって何??

あそむびってしってるかぁーって
子供に聞いたら、


┐( -"-)┌ ヤレヤレ 知ってるに決まってるでしょ・・


なんてあきれたなぁって声で返された。ああ、頭にくる。
せっかく教えてやろうなんて親心を起こしたのに、
あそむびってなんか並び順を間違えそうだけど、
遊ぶムービー(映画)の略なのだな。


あそむびは、NTT西日本がフレッツ光★サービスを
宣伝しちゃおうという目的で提供しているインターネット上のサイト。


幸運探偵一風烈光一っていうドラマがあって、
ドラマの内容に関連したクロスワードパズルをとくと
特典映像が見れちゃうっていう、参加型の動画って
感じでしょうか。


もちろんあそむび専用サイトにログインするためにIDの
取得が必要。
ですが!!!残念ながら・・・
あそむびは3月28日でHPでの放映を終了したのだ。。。


けど、この放映全部公開されているので、
あそむびでやっていたクロスワードパズルをとかなくちゃ
見ることができないっていう、クロスワードパズルはできないけど、
とかなくてもこの特典映像も見れてしまうのだ。


あそむびはドラマに一緒に参加しちゃってる気分が
味わえる楽しいネット映画だったのだ。